今日の大変記

11月29日(木)
布アーティスト??を目指す私としては
毎日創作的な日を過ごしたいところですが
現実は、そうはうまく運ばない。
生活の整理日とでも言いましょうか。
雑用を片付ける日々が続いています。

今日もまた曇天で、異常に寒い1日でした。
それにあわせるように朝から不運が続く私。
いつもは、孫結依の保育園の送りまでに済んでしまっている洗濯物干し。
今朝はいつもより時間が押していて、1回目の洗濯を終えるのが関の山。
2回目の洗濯をセットしてから出かけようとすると・・・・

洗濯機の中の衣類から、ゼリー状のつぶつぶが大量に落ちてくる・・・
私は、すぐにわかった。
紙オムツを一緒に洗ってしまった。
おしっこを吸収する物体が洗濯機の中の水を一杯吸って
洗濯機の中で砕け散った!!!
誰が悪いとか誰のせいとか・・・そういう問題ではない。
衣類にからみついたゼリーの粒をどうやって取るのか!!

とにかく保育園に行く時間はとっくに過ぎている。
洗濯物を振り回し、からみついたゼリー物体を床に落とす。
洗濯機の中をカラですすぐようセットして、そのまま出発。
帰宅後、もう一度洗濯物を振り回しゼリーの粒を落としてから
衣類をもう一度洗濯機ですすぐ。
床にばら撒かれたゼリーの粒をほうきで集めて・・・・ふぅ・・・・一段落。
(いやぁ、もうお昼に近いではないか)

それから2回目の洗濯に入ったわけ。
ま、いろいろな1日があって然るべきだから、仕方ない。
ということで、今日の大変記のご報告。
[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2007-11-29 22:45 | 日々のつぶやき | Comments(0)

今日は曇りでした。

11月28日(水)
居心地よかった過去の場所を訪問し、
またその感覚が甦ってしまった私。
ようやくここまでこぎつけた今の暮らしに戻って
過去の余韻に浸りたい気持ちと、今の生活をどんどん進めていく気持ちの
間に立って、ぼんやりしていた今日。

それでも片付け物と、いつものお世話係りの生活をこなして
今日は、あっという間に過ぎ去った。
曇りのお天気と同じような日。
[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2007-11-28 23:18 | 日々のつぶやき | Comments(0)

坂の上の雲ミュージアム

11月27日(火)
第2の故郷の訪問を終えて帰ってきました。

午前中は、予定を入れずに、松山を歩きまわりました。
松山はこの数年で
司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」構想というもので街を変えようとしています。
坂の上の雲ミュージアムというものが完成しているのを知り
今日は、開館の9時40分を待って、一番乗りで訪れました。
坂の上の雲ミュージアム

しかし、この坂の上の雲構想は少し空周りしているような印象。
まず、松山の人が結構知らない。
小説の舞台は、明治の松山。日清戦争の英雄秋山兄弟(軍人)が主人公。
そこにその友人だった正岡子規が加わり、
明治のその時代を生き生きと再現しているらしい。
この小説は司馬遼太郎ものらしく、とてつもなく長い。
4年にわたって1294回連載された新聞小説だそうである。
私は読みきる自信がない。
今、この小説のドラマ化が進んでいる。そのドラマの完成を待って
そのストーリーを知ることにしようっと。

坂の上・・・という名前にちなんでか、建物全体が坂道でつながっているような感じ。
グルグルとスロープで3階まであがってゆく。展示はその坂の途中にある。

そういえば、この主人公は明治の軍人なので
結構年配の男性は、戦記物を読んで知っているらしい。
松山の学校の先生方とか、私の夫とか
「秋山兄弟って誰??」と聞くと
「秋山兄弟を知らないのか!!!!」と怒り嘆くそうである。
なぜ、日清戦争の英雄を知っていないと怒られる???
ちなみに、2人とも息子の母校松山東高校の先輩で
兄の好古は、娘の母校松山北高校の校長だったそうである。
その点だけは覚えられる。

松山も少しずつ変化していました。
[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2007-11-27 23:15 | カルチャー | Comments(0)

c0134850_8392049.jpg

11月26日(朝)
携帯からの投稿です。昨日は朝4時から夜9時まで中身ギッシリの一日でした。
田辺浩子ダンスセンターの3時間に渡る公演を見ました。離れてから3年。外部の人間として初めて見た公演でした。こんなにも上質な舞台だったのか、と改めて感激しつつ、失った世界(私には戻るすべがない)に悲しくなってしまったりして。(写真はそのパンフレット)
メンバーの半分は知らないながら、主要なメンバーの顔ぶれは変わらず。楽屋見舞いに行くと3年のブランクなくあちこちから
「見に来てくれたのぉ~」と嬌声が上がり、盛り上がった次第。最後の1年くらいを一緒にタッブを学んだ可愛い大学生だった女の子と再会しました。彼女はその後就職で大阪に行き、大阪でタッブを本格的にやっているとのこと。そして、今度はタッブを本格的にやるためにアイルランドに留学すると言う。アイリッシュダンスという、独特の超凄い、あのアイリッシュダンスを極めに行くらしい。すてきだなぁ…共にスタートしたメンバーとして心から応援しようっと。そして私も諦めてはいけないわ!
[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2007-11-26 08:39 | カルチャー | Comments(2)

海峡

11月24日(土)
明朝早く松山に行くため、緊張の夜を迎えています。

その傍らでNHKドラマの「海峡」を見ています。
日本が中国、朝鮮を占領していたあの時代から戦後にかけての
混乱の中を生き抜いた人のドラマです。
3回シリーズの、今日が最終回。

とにかく、見ていて苦しい。
戦争によって、翻弄される人々。
人間の数だけドラマがあるのだろう。
ドラマは、いとしく、せつない。

しかし実際に生きてきた人々の苦しみを思うと
見ているだけなのに苦しい。

明日は、松山から携帯にて更新・・・
[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2007-11-24 22:14 | カルチャー | Comments(0)